ぺんてるエナージェル【BL77-A】リフィル(替芯)番号と交換方法は?

その他

ここではぺんてるのゲルインキボールペン「エナージェル」【BL77-A】のリフィル(替芯)の情報と、ぺんてる公式サイトを見ても、ちょっとわかりづらいリフィル(替芯)の交換方法について書いています。

エナージェル替芯の品番

ぺんてる ゲルインキボールペン「エナージェル」【BL77-A】に使える替芯はLR7。品番は【 XLR7-A 】です。ボールペン本体の価格は定価200円、替芯の価格は60円~くらいです。

替芯交換方法

エナージェル【 BL77-A 】のリフィル(替芯)交換方法は以下の通りです。公式サイトでの手順と、それで上手くいかない場合のやり方を記します。

公式サイト上の手順

画像引用:ぺんてる公式ホームページ  https://www.pentel.co.jp/support/refill_change/refill_change01/
  1. 前軸を回して外します。
  2. 替芯を外し、新しい替芯と交換します。
  3. 新しい替芯を差し込んだら前軸をしっかりねじこみます。

外れない場合はグリップを外して

ぺんてるのサイトにはリフィルの交換方法として、上記のように掲載されているのですが、グリップのところが回らない(というかグリップのみが回ってしまい本体が回せず外せない。)ということがあると思います。 その際は、グリップを外しましょう。
ゴムのグリップをそのままペン先方向へずらしていけば外すことができます。
この際、グリップと本体の間に接着するためか、逆に外しやすくするためなのか、粘性のあるオイルのようなものが塗られています。触らないように注意しましょう。 グリップを外したら、ボールペン本体のこの部分を半時計回りに回します。前述のオイル(?)がべたつくので、ティッシュ等をあてて握ると良いです。 外れたら、本体を逆さにし(中に入っている芯とスプリングが出てきます)スプリングを戻してから新しい芯を入れれば終了です。 新しい芯の先のビーズを取るのを忘れないように。

おまけ:ノックがきかなくなった際に試していること

エナージェル【BL77-A】のノック機構が利かず、ボールペン先が出っぱなしになってしまう時の直し方です。こちら筆者が自己流でやっているものなので、直らなかったらスミマセン。

まずは分解

まずは芯を替えるときの手順で分解します。中のスプリングを入れ直します。(入れるときの上下に決まりはなく、どちらでも良いと思うのですが、変なクセがついたせいでノック機構が上手くいっていないことを考えて逆向きに入れたりしています)

バネが縮みすぎていることもありそうなので、少し伸ばしてみたりしています。

ノック機構が変にひっかかっていた場合は

さらにノックする側の部品を持ってテーブルに軽く、コンと叩きつけます。

元の通り組み立てて完了です。 エナージェルシリーズは、たまたま聞いていたラジオのお便りコーナーか何かでとても良いと聞いて買ってみてから、すっかり気に入って愛用しています。
筆圧を必要とせず、スラスラ書けるので、アイデアメモとかを書くのに重宝しています。

三菱uniのジェットストリーム(こちらもファンが多い)も好きなのですが、書き心地が各々ちがうので、私はエナージェルはアイデアやメモを急いで書きとめる時に。対してjetstreemはカレンダーや手帳などに字を綺麗に書きたいとき、というように使い分けています。
リフィル(替芯)を使えばコストをかけず、長く使えて嬉しいですね。