当サイトは、アフィリエイトサービスおよび広告により、収益を得ています。コンテンツ内で紹介した商品が購入されると、売上の一部が当サイト管理人に還元されることがあります。

【安い!】Artisul ペンタブ【Artisul A1201】使ってみました

A1201使った感想 イラスト描き

仕事や趣味で使っているペンタブ(板タブ)を落として壊してしまったため、大急ぎで代わりのものを買う必要がありAmazonで【Artisul A1201】を購入しました。

とにかく安価なので使用するまでどうかな?と心配でしたが、よい感じでしたのでレビューします。

ここでは

  • 付属品
  • ボタンの数
  • 使用感
  • 今までのペンタブとの比較

などについて説明しています。

なお主に使用しているのはパソコン、アプリはCLIPSTUDIOPAINTです。スマホでの使い心地については書いていません。

概要・付属品など

【写真】

私が購入したのは12インチのものです。12インチ=30.48㎝となります。作業領域の対角線の長さが30.48cmであることをあらわしています。

コンパクトな梱包ですが、箱破損や傷などありませんでした。

付属されていたものは以下のとおりです。

付属品

本体、説明書(各国語・日本語もあり)、スマホなどに接続するためのType-Cアダプタ、替え芯10本、替え芯用ピンセット

最近はペンタブレットを買うと替芯がついているのがありがたいです

ペンケース付きなのも、私はペンをすぐにどこかにやりがちなので助かります。後で何かケース買おうと思っても、ケースを買う前に無くしたりしますので…。替え芯やピンセットもここに入れておけば無くすことがなくてよいですね。

【写真】

ボタン・ソフトキーの数

左手で押して使える物理的なボタンは8個です。私が以前使っていたペンタブレットは物理ボタンが12個ありましたので、ちょっと少ないかなという印象です。

ただタブレット上部に位置するソフトキー(ペンでタッチすることによりボタンのように使える)は16個もあります。

キーボードや左手デバイスででショートカットを使用する方、ソフトキーでも良いという方にはボタンの少なさは気にならないのではないでしょうか。

ソフトキーを設定するとき、F1から設定していくのではなく、頻繁に使いたいショートカットをF6~F8あたりに配置すると、ペンの移動距離が少なくてすみますよ!

ショートカットはアプリケーションごとに設定可能

【Artisul A1201】ではドライバソフトで使うアプリケーションごとにショートカットを設定できます。

複数のアプリをガンガン使う方は、Photoshopのときはこのショートカットセット、CLIPSTUDIO PAINTのときはこのセット…という風に各アプリごとに設定しておきましょう。

どのボタンにどのショートカットを設定するか、考えるのも含めて、設定には最初は時間がかかります。

時間をかけて作業したこのショートカット設定(またほかの筆圧設定なども)は、ファイルとしてエクスポートできるので、パソコンを買い替えた時などはエクスポートしたファイルをインポートすることで簡単に設定の引き継ぎができます。

ご参考までに私のCLIPSTUDIOショートカット設定はこちら

使いごこち

Artisul A1201の表面は手で触っただけではよくわからないのですが、ペンを使ってみると、少しざらついた感じがします。

このざらつきが、筆記用具で紙に描いているようでとても気に入りました。

私が以前使用していたペンタブレットは表面がつるつるとしていて、ペンがすべってしまうので、習字用の半紙を貼って使用していましたが、Artisul A1201ではその必要がなさそうです。

反応速度について

反応速度については、340-440 PPSというスペックを確認してから購入したのですが、最初にこのArtisul A1201を使用したときに、以前に使っていた「RAYWOOD 筆や写楽」(440PPS)よりも、ほんの少し反応が遅いような気がしました。

ただ、ほんのわずかな差なので使っているうちに慣れてきました。また筆圧設定を変更したこともあり、今ではまったく気になりません。

Artisul はどんなメーカー?

はじめて聞くメーカー名でしたので少し心配になっていましたが、

ARTISUL(アーティスル)は、台湾のUC-Logic Technology Corp.により2013年に設立されたペンタブレットブランドだそうです。

UC-Logic Technology Corp.(1996年設立)自体がずっとパソコン入力デバイスを製造してきたメーカーですので信頼性ありと判断しました。

なおArtisulは「ART IS SOUL」の略だそう。

安価で良品質!買ってよかったです

以上Artisul A1201を使ってみた感想です。

価格は私が購入したときにはクーポンが付いていたこともあり、5,499円でした。この安さでこの性能は申し分ないでしょう。

深夜に注文して、次の日の夜に届いていたので仕事に差し支えることも無く、良い買い物をしたと思っています。

 こちらの記事もおすすめです 

注目のメーカー。4,000円台からの格安ペンタブレットやワイヤレスペンタブレット

お絵描きソフトの定番CLIP STUDIO PAINT