家庭での飲用に井戸水を使うなら水質検査は必須

井戸水の水質検査 井戸・家

井戸水の水質検査どうしてる?

家庭で飲用に使っている井戸水の水質検査、どうしていますか?ここでは我が家の場合も含めて検査についてどこで頼むのか、費用はどの程度かかるのかなどを書いています。

井戸水の飲用は基本的には自己責任

現在、個人の家で使っている井戸の水の飲用について、法令上の規制などはありません。
自身の責任において管理し、飲用することとなっています。
自治体によっては条例を制定し、井戸の設置者、所持者が管理する方法などを努力規定として定めているところもあります。

私の住んでいる市では水質検査は年1回、13項目についておこなうこととされています。強制ではなく、市から通知などが来るということもありませんので、毎年夏に自分で水を採って検査に出すということをしています。保健所で水質検査をおこなっているので(無料ではありません)保険所へ持っていったり、民間会社に調べてもらったりしています。

年に1回の水質検査が推奨されています

井戸水の元となる雨は、地下水となるまでに、土中に浸み込む過程で色々な物質を溶かし込んでいます。
ですから地域によって水質は異なり、汚染土壌を通って地下水となったものは飲用に適さない場合があります。
また一度検査したからといって、永年安心というわけでもありません。地震や水脈の変化によって水質が変わることもあります。井戸水を飲用として利用するときは、年に1回など定期的に水質検査を受けましょう。
項目数については、新設時には50項目程度、定期的には12~13項目の検査をすすめている自治体が多いです。

また前の検査から1年経たなくても今までに無かった色やにおいが気になったりした場合には都度検査を受けるのがよいでしょう。

市の保健所で受け付けている場合も

井戸水が飲用に適しているかどうかは、保険所で検査を受け付けている自治体と、受け付けていない自治体があります。また保険所に連絡すれば、検査は受け付けていなくても、検査機関の連絡先を紹介してくれるというケースもあります。水質検査を受けたくなったらまずは自治体の保健所に連絡、または市のホームページなどで、どんな項目を検査してくれるのか、料金はいくらかかるかを調べると良いでしょう。

民間会社で調べてもらうなら

民間会社でも水質検査をおこなっているところがあります。項目数によって、保健所から検査に出すよりも安価で検査ができたり、保健所からの検査では調べてもらえない項目を調べてもらえることがありますので、井戸水が飲用に適しているかを調べるときは、民間会社に頼むことも考えてみると良いでしょう。
我が家では年1回の定期検査として、保健所で受け付けている13項目の検査を、大きな地震後や5年に一度くらいにおこなう多項目での検査(重金属等が入り込んでいないか)は保健所で受け付けていないので民間業者にお願いしています。

\ こちらで郵送で水質検査ができます。調べる項目をいろいろ選べます(項目により検査の価格は変わります)/

我が家の井戸水飲用事情

我が家では井戸水を滅菌機で減菌したのちに、全館浄水器に通し塩素を除去、生活用水(お風呂・ウオシュレット含むトイレ・皿洗いなど)として使っています。
料理や飲用として使う水はさらに高性能浄水器(シーガルフォー)に通しています。

水質検査は新規に井戸をつくった時に13項目(特に今現在問題は起こっていませんが、最初は50項目にすればよかったと思っています)おこないました。あとは上記のとおり、年に1回は保健所での13項目検査(8,000円程度)、たまに民間業者で15,000円程度かけて多項目の検査をおこなっています。

私の住んでいる市での検査費用は下記くらいです。

  • 13項目 8,000円程度
  • 15項目(13項目にトリクロロエチレン等2項目追加)20,000円程度
  • ヒ素 3,000円程度

なお滅菌器を通す前の我が家の水質検査結果の数値はこんな感じです。

我が家の井戸水水質検査結果です(滅菌機を通す前)

滅菌機で塩素を添加する前は細菌が基準値を超えています。滅菌器の塩素が切れたまましばらく使っていると風呂のタイルがすぐピンク色になります…(酵母菌の一種「ロドトルラ」のせいらしいです)

他の数値は飲用基準値内です。滅菌器を通した後は細菌数が基準値内におさまっています。詳細は別ページで今後書こうと思います。

こちらの会社では保健所と同じ品質でお安く水質検査をしています(調べる項目により価格が変わります。)

\ 我が家でいつも購入している 次亜塩素酸カルシウムです/

※現在コックが品不足になり在庫が無いそうでコックなしでの販売だそうです。コック付きを待つか手押しの灯油ポンプ(未使用のもの)を使うなどで、使用の仕方に工夫が必要と思われます。

\ 塩素はもちろん有害物質やピロリ菌なども除去する井戸水対応ロングライフ浄水器/