井戸ポンプの配管が凍ってしまったときに溶かす方法いろいろ

井戸

井戸のポンプの配管が凍ってしまい、水が出なくなってしまったときにできる解決方法をまとめました。それぞれメリットデメリットがありますので、合った方法で試してみて下さい

布団乾燥機で凍った井戸配管を溶かす方法

我が家でいつもやっているのは布団乾燥機で凍結を溶かす方法です。布団乾燥機をお持ちで井戸のそばにコンセントがある方はこちらの記事をごらんください。

メリット

  • 熱すぎない温度を凍った箇所にあて続けられる
  • 溶けるまでの間、そばにつきっきりでなく温め続けられる

デメリット

  • 布団乾燥機が必要
  • 井戸の近くに空いたコンセントが必要
  • 大きな袋(40リットルゴミ袋など)で凍結部を囲ってビニールテープで留めるなどの作業が必要

ぬるま湯で凍った井戸配管を溶かす方法

凍っているところ(多くはバルブのあたり)にタオルを巻き、そのうえから熱すぎない程度のぬるま湯をかけ続けます。熱すぎる湯をかけてはいけません。(冷えたガラスのコップにお湯を注ぐと割れてしまうように、配管が破損してしまいます。)

またぬるま湯をかけ終わった後はタオルを外して乾いた布で拭き取りましょう。そのままにしておくと、その水が冷えてバルブが凍ってしまうこともあります。

メリット

  • 水と鍋・ヤカンとタオルがあれば手軽にできる

デメリット

  • 井戸が凍結していることで水が出ない場合はできない(ペットボトルの水などを使うしかない)
  • 温度の調節が難しい。寒い外で作業をしているとすぐにお湯が冷めてしまう。

ドライヤーで凍った井戸配管を溶かす方法

凍結した部分にドライヤーの温風を当てる方法もあります。上手く固定できれば

メリット

  • 井戸の近くにコンセントがあれば家庭にあるドライヤーを使ってできる。

デメリット

  • 良い位置で温風をあてつづけるのにドライヤーを持ち続けなければならないこと。何かで上手く固定すると良いでしょう。(その場を離れるときには火事にならないように見はりましょう。)

免責事項

当サイトの情報の正確性について

当サイトのコンテンツや情報において、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めています。しかし、誤情報が入り込んだり、情報が古くなったりすることもあります。必ずしも正確性を保証するものではありません。また合法性や安全性なども保証しません。

損害等の責任について

当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。また当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任も負いません。

当サイトの保守、火災、停電、その他の自然災害、ウィルスや第三者の妨害等行為による不可抗力によって、当サイトによるサービスが停止したことに起因して利用者に生じた損害についても、何ら責任を負うものではありません。

当サイトの情報を利用する場合は、自己責任で行う必要があります。