初夏~夏は井戸ポンプの漏電に注意!我が家の予防法と対処法【漏電】

井戸・家

ある日、井戸水を使用しようとしたらブレーカーが落ち、ポンプが動きませんでした。
いろいろ調べた結果、ポンプが漏電していたようで、モーターを乾燥させたら直りました。その時のことを書いています。あくまでも我が家での体験談なので、読んでくださっている方の井戸ポンプ故障が同様のケースかはわかりませんが、参考にしていただければと思います。

井戸水を使おうとするとブレーカーが落ちる

梅雨時の話です。井戸水を使おうとしたところ(というか我が家は全て井戸水でまかなっているので、水道の蛇口をひねった瞬間)家中のブレーカーが落ちてしまいました。蛇口から水も出ません。

ブレーカーボックスを開けて、分かれているブレーカーのひとつひとつを上げながら確認してみたところ、どうやら井戸ポンプに使用している子ブレーカーが原因らしい、ということがわかりました。(井戸ポンプの電源を制御しているブレーカーだけを切ったら家中の電気が使えたので)

これで井戸ポンプが漏電しているのかな、と推測しました。

井戸ポンプが漏電

ポンプが故障しているのかなと思い、ポンプメーカーに修理依頼のための電話をしました。電話を受けたメーカーの方の話は「現在修理依頼が多数来ていて、現地対応できるまで日数がかかってしまいます。」とのことでした。そして、まず確認してほしいこととして

「井戸ポンプ周りの草はぼうぼうですか?」

と尋ねられました。こちらの答えは

「ぼうぼうです。」

梅雨の雨をうけて、庭は雑草が生えまくっている状態でした。我が家は井戸ポンプ小屋などを作っていないので、ポンプのそばも草ぼうぼうです。

するとポンプメーカーの方がおっしゃるには

「周りに草が生えているなら、なめくじがモーター内に入り込んだことで、中が濡れて漏電している可能性があります」

とのことでした。

「中を乾燥させれば漏電しないかも。」との助言をいただき、まずは井戸ポンプまわりの草刈りをし、井戸ポンプの電源を抜き、井戸ポンプのカバーを開けてみました。

するとなめくじはいなかったものの、ダンゴムシがたくさん…。なめくじが這ったような痕跡(銀のすじ)もありました。

晴れていればこのままカバーを開けたまま乾かしたいところですが、その時はしとしと雨が降っていました。

ポンプ内部モーターを乾燥させて解決

※以下参考にする場合は、感電、火事等に気をつけて、自己責任でお願いします。作業に不安がある場合は行わないでください。

布団乾燥機で乾燥!

そこで布団乾燥機を使い、乾燥させることを思いつきました。

ポンプ全体を大きなポリ袋(40リットル袋を複数つなげて作成)で囲み、暖かい空気が逃げないようにしたうえで、布団乾燥機をオン。様子を見ながら1時間ほど乾燥させたあとに、再度ブレーカーを入れて水を出してみたところ、今度はブレーカーが落ちず、無事水が出ました!

冬の凍結井戸ポンプ解凍に続き、また布団乾燥機が役に立ちました。我が家の布団乾燥機は布団よりも布団以外の物(靴とかも)を乾燥させていることが多いです。

この一件があってからは、ポンプ周りの草刈りをこまめにおこなうようにしました。

電動刈り払い機のおすすめ記事も書いているのでよかったらこちらもどうぞ↓

こちらの会社では保健所と同じ品質でお安く水質検査をしています

\ 我が家でいつも購入している 次亜塩素酸カルシウムです/

※現在コックが品不足になり在庫が無いそうでコックなしでの販売だそうです。コック付きを待つか手押しの灯油ポンプ(未使用のもの)を使うなどで、使用の仕方に工夫が必要と思われます。

\ 塩素はもちろん有害物質やピロリ菌なども除去する井戸水対応ロングライフ浄水器/

免責事項

当サイトの情報の正確性について

当サイトのコンテンツや情報において、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めています。しかし、誤情報が入り込んだり、情報が古くなったりすることもあります。必ずしも正確性を保証するものではありません。また合法性や安全性なども保証しません。

損害等の責任について

当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。また当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任も負いません。当サイトに書かれている情報を利用する場合は、自己責任で行う必要があります。