switchでスクショした画像をスマホに送る方法は?

switchの画像をスマホに送る ゲーム

switchでスクショしたゲーム画面、保存した動画などを「アルバム」からスマートフォンへ送る方法を説明しています。
この記事ではAndroid OPPO A73スマートフォンを使用していますが、何をしたらよいのかを解説していますので、他の機種でもぜひ試してみてください。

switchの「アルバム」から画像を選択

switchのホーム画面から「アルバム」を選び、送りたい写真を選んで決定ボタン。さらに「共有や編集」をおこなうためにAボタンを押し、出てきたメニューから「スマートフォンへ送る」を選びます。

送りたい画像が1枚なら「この画面写真のみ」を選択。複数枚送りたい場合には「まとめて送る」を選びます。

switchに表示されたQRコードをスマホのカメラで読み取る

画面にQRコードが表示されるので、スマホでQRコードを読み込むためのアプリを起動して読み込みましょう。(カメラ機能でQRコードを読み込める機種もあります。)

筆者はQRコードリーダーというアプリを使用しています。

通常スマホでQRコードを読み取った際には「http://~」でURLリンクが表示され、タッチすることでリンク先にジャンプし、画面が表示されるものですが、switchのQRコードを読み込んだ場合下のような画面で止まってしまうことがあります。そこでどうしたらいいかというと…。

スマホのWi-Fi設定をする

いったんこの画面は閉じて、スマホのホーム画面から「設定」(多くは歯車マークのアイコンです)画面に入り、Wi-Fiの設定をおこないます。

Wi-Fi設定画面に入ったら「switch_××××××××××」を探して右の丸で囲まれた「i」マークをタッチします。

スマホとswitchを接続するためのパスワードを入力する

「switch_ ×××××××××× 」との接続設定の画面で「パスワードを変更」を選びます。機種により違う画面になりますがとにかくWi-Fiの「switch_××××××」でパスワードを設定できる画面を探してください。

「パスワードを変更」のような項目が無い場合は「このネットワークを削除」などの項目を選び、switchへのネットワークをリセットすることでパスワードを変更できる画面になることもあります。

スマホにパスワードを入れる画面になったらいったんスマホは置いておいて、switch側の操作をします。

さきほどのQRコードが表示されている画面でswitchの「+」ボタンを押してパスワード表示画面を出します。

表示されているパスワードを、スマホのパスワード入力画面に打ち込むと、switchに接続されます。自動で接続されない場合は「接続」をタップしましょう。

うまく接続されるとswitchに2個目のQRコードが表示されますので、今開いている設定画面は閉じる、または最小化して、再度スマホでQRコードを読むアプリを起動してコードを読み取ります。

スマホにURLリンクが表示されますので、タップします。

URLが表示されるまでに「『switch××× 』 はインターネットに接続されていません」と表示されることがありますが、switchとスマホが繋がっていればインターネットに接続されていなくても画像のやりとりが可能なので大丈夫です。そのままOK等で進んでください。また他のwi-fiネットワーク(wi-fiルータ等)に切り替えますか?等聞かれた場合には拒否してください。

上手くいかない場合は一度「switch_×××××」の設定を削除してはじめから作業してみてください。(削除しないと古いパスワードが残ってしまい、それで接続を試みて失敗してしまうようです)

スマホに表示された画像をダウンロード保存する

接続が成功すると「〇〇(ユーザー名)のSwitch」という画面に送った写真が表示されます。 今は画像が表示されているだけで、まだスマホに保存はされていません。
画面写真をタップして画像が大きく表示されたら、画像を長押しタップ→「画像をダウンロード」を選び保存しましょう。

スマホのアルバム→ダウンロード などでフォルダを確認するとフォルダ内に画像が入っているはずです。

switchとスマホはインターネットでつながっているのではない

switchからスマホへ画像等を送る場合、switchとスマホはインターネットを介して接続するのではなく、wi-fiで直接つなぐことになります。

ですから

①wi-fi接続をスマホ←→switchに設定する(ふだんスマホが自宅のwi-fiルータなどに接続されているなら設定を変更する)

②switchから提供されるスマホ←→switchで接続するためのパスワードを入力する

という作業が必要になるのです。


\  もっと手軽にキャプチャーするならキャプチャーボードがおすすめ 今すぐゲーム実況も始められる! /