レイズナーOPセリフとあらすじ(1部-後編)

蒼き流星SPTレイズナーオープニング1-2 アニメ

レイズナーオープニングの台詞とあらすじです。1部後半です。

1部前半と2部のOP台詞とあらすじはこちらです↓

1部OPセリフ(後半)

青字は管理人の感想です。OP台詞とあらすじだけ知りたいときには読みとばしてください。

13話 宇宙(そら)にむなしく

シモーヌ「軍人の頭は鉄かジェラルミンで出来てるのよ!」
ロアン「返事をしてくださぁーい」
デビッド「エイジ―!」
エイジ「あなたとも、今はつながっています。」
ダニー少佐「みんな地球を頼むぞー!」

13話あらすじ

地球へ向かうエイジ達のシャトルに3隻の地球艦が近づいてくる。それは火星調査に向かうアメリカ軍だった。 エイジのシャトルに乗っているダニー少佐はシャトルの収容と、進路を変えることを要請したが、アメリカ艦はそれを拒み、火星へ向かい、ゲイル隊に攻撃を受け全滅する。

新たな船影がレーダーに映り、ソ連の艦とコンタクトを取ることができた。 シャトルが収容されることになったが、エイジとダニー少佐は捕虜として扱われる。 ゲイル隊の攻撃はソ連艦にも及んだ。艦が攻撃され危険が迫る中、ダニー少佐は独房にとらわれたエイジを助ける。それは同じ地球人同士(ソ連軍とアメリカ軍)が話が通じないことを目の当たりにして、エイジとCCCの子どもたちの間のつながりを尊く思ったことからの行動だった。 「少佐、あなたとも今は、つながっています。」エイジは言う。デビッドたちと合流し皆でソ連艦からの脱出に向かう。ダニー少佐はエイジと子どもたちを先にシャトルへと乗り込ませ、追ってきたソ連兵に撃たれながら叫ぶ「みんな、地球を頼むぞー!」 ソ連艦は爆発し、シャトルは脱出に成功した。

14話 異星人に囚われて

デビッド「エイジ!」「どうして降伏なんかを承知したんだ」
エリザベス「デビッド!」
デビッド「お前が戦わないんなら俺がやる」

14話あらすじ

辛うじて爆発するソ連艦から脱出したエイジたちだったが、すでにシャトルのエネルギー残量は底をついた。レイズナー単機でゲイル隊に向かうエイジをカルラが追い詰める。 ゲイルはカルラを止め、エイジに投降を呼び掛けた。エイジはグラドス軍がシャトルの皆の身に手を出さないことを確認したうえで降伏を受け入れる。 ゲイルには地球人が自分たちと同じ人間に見えていた。捕虜として正当に扱おうと思っていた。 しかしカルラは独断で処刑を試みる。 デッキに連れて行かれ、宇宙空間に放り出されそうになった子どもたちだったが、隙をついてエイジはカルラを人質にとり、シャトルに燃料を補給し、艦を脱出する。 ゲイルとエイジの間の絆は切れ、エイジの顔には苦悩の表情が浮かんでいた。

この回はゲイル先輩のグライムカイゼルのAIの声が聞ける回(落ち着きがある)です。貴重!

1部2部を通してかわいそうなエジール・カルラですが、この回のカルラがレイズナーにロックオンして、トリガー引きかけのところゲイル先輩に攻撃停められたりしてるのもかなり気の毒…。撃ててたらそのままグラドス軍大勝利だったかも。
あとカルラはゲイル中尉に片想い(orすごいファン)なのに、ゲイルの「地球人を見てどう思う?我らといっしょのような気がしないか?」に対して「全然そうおもわない」みたいに答えられるのすごいな。すごい。自他境界がしっかりしている…

15話 蒼き流星となって

ゲイル「弟の血に濡れた手で君を抱くことは許されない」
ゲイル「さらばだエイジ」
エイジ「さようなら、ゲイル先輩!」

16話 月よ!こたえて

エイジ「やめろデビッド!グラドス軍じゃない、おそらく地球人だ!」

17話 群がる殺人機(マシーン)

エリザベス「えっ」「あっ」
クレイトン「いや、あの頃の事をさ」
エリザベス「…こんな時に昔の話なんてしないで」
クレイトン「あ、いや、もっともだ」

18話 そして地球へ

エイジ「もしこのまま現状に踏みとどまれば、レイズナーの秘密がわかるかもしれない」
レイ「戦闘続行不可能、離脱せよ」
エイジ「ええい、見届けてやる!」

19話 とどかぬ想い

ギルバート「アスカ…!」
エイジ「えっ…父をご存じなんですか?」
アーサー「ヨ、ヨーロッパ大陸だ」
デビッド「ここまで来てやられてたまるか!」
エイジ「生きていたんですね!ゲイル先輩!」

20話 レイズナーの怒り

エイジ「レイズナーのチェックだけはやめてください!」
エリザベス「あなたは今迷っているのね」
エイジ「だから僕は手を触れるなと、あれだけ忠告したんだ」
シモーヌ「エイジ、逃げて―!」

21話 我が名はフォロン

エイジ「このコックピットは僕の世界だ!」
それなのに、お前は僕の意思の外に存在する!呼びかけにも応じようとしない」

22話 フォロンとの対決

エイジ「僕はもう合理的に殺人をする機械に乗っているのはまっぴらだ
エイジ「フォロン! お前は記憶回路の奥に引っ込んでいろ!認めないなら僕を殺せ」

23話 奇跡を求めて

エイジ「姉さん」
ゲイル「ジュリア」
ジュリア「ゲイル…」
国防長官マース「大統領、もはや核の使用しかありません。」
シモーヌ「エイジ!」
エイジ「みんなシャトルにいるのか?
デビッド「みんないるぜぇ!」

24話 光になったエイジ

エドワーズ空軍基地 司令官カブス「軍人ならともかく、あんな子どもたちに地球の運命をゆだねるなんて…」
ギルバート「あの子たちはあんたたち愚かな権力者のツケを払いに行ったんですぞ。命がけで!」

25話 駆けぬけた宇宙(そら)

エイジ「撃つな…」
国連火星観測基地スタッフ「 どこの所属だ。名前は?」
エイジ「グラドスから来た。僕の名はエイジ、地球は狙われている」

圧倒的スピード感で進む超展開と味付けの濃いキャラ達が圧巻の
2部のオープニングセリフ集はこちら↓

R3レイズナーとニューレイズナー再販してます/

\ ニューレイズナーにはゴステロもついてるよ /