検索ボリュームを調べたい!キーワードプランナーの代わりになるのは

キーワードプランナーの 代わり ブログ

キーワードプランナーが使えない!代わりに使う無料ツールはコレ

こんにちは。初心者ブロガーのpunagiです。
ブログのためにSEO関係の記事を読んで、検索ボリュームを調べるためには「キーワードプランナー」を使うと良いと書いてあるけれど、今は使えなくなってる…どうしたら良いのか?とお思いの方に読んでほしい記事です。
キーワードプランナーの代わりに使える無料のツールをご紹介しています。

今まで検索ボリュームの調べ方を知らなかった方も

皆さまは記事を書くとき、記事に入れるキーワードの「検索ボリューム」を調べていますか?
最初は記事の数をこなすのに精一杯で、キーワード選定まで気が回らなかったとしても、表示順位を上げるためには検索ボリュームのリサーチは必須です。
これから書く記事だけでなく、今まで書き溜めてある記事を、検索ボリュームを調べたうえで、少しリライトするだけでも表示順位を上げる効果はありますよ。
今まで検索ボリュームを気にしていなかった方もこれを機にぜひ検索ボリュームの調べ方を覚えていってもらえればとも思います。

キーワードプランナーの代わりにUverSuggest

こちら「UverSuggest」というブラウザ上で使えるツールがたいへん便利です。
無料なうえ、回数制限も無く、スマホにも最適化されています。
運営はSEOに関する広告会社NEILPATELがおこなっており、充分信頼性に足るものとなっています。
便利な機能を使うためにアカウント登録(無料)してするのがおすすめです。

無料キーワード提案ツール UbersuggestでSEO対策
マーケティング戦略やコンテンツ作成に欠かせないキーワード候補を無料で提案。無料キーワード提案ツールUbersuggestなら、完全無料で提案数に制限なし。競合他社よりも上位表示されるコンテンツ作りのヒントが無料で取得できます。

UverSuggest使い方

キーワード概要確認

キーワードを入力し、日本を選んで「検索」をクリックするだけで
検索ボリューム(1か月にそのキーワードが検索されるおおよその数)が分かります。

さらにそのワードを調べる年齢層の分布、パソコンで検索する人が多いのか、スマホ等で検索する人が多いのかも表示されます。

またそのキーワードに合わせるのはどんな言葉がいいのか、候補の単語も出てきます。

  • TREND 過去12か月の検索数の推移
  • volume そのワードが1か月に検索される数
  • CPC 「クリック単価」インターネット広告の料金単位の一種でブロガー側から見れば広告1クリックあたりの単価
  • PD キーワード検索連動型広告の競争の激しさ
  • SD オーガニック検索した際のSEO難易度・競争の激しさ

PD、SDは数値が高いほど、競争が激しいことをあらわしています。ここを見てあまり高い数値が出ているようなら、そのキーワードで記事を作るのはあきらめて、SDが低いキーワードの組み合わせでの記事づくりを考えてみましょう。

キーワードひとつだと難易度が高い場合は組み合わせで

私は書きたい事柄に関するキーワードをふたつ合わせて、検索ボリューム100~1000あたりになるものを選定しています。 過去にキーワードを選定しないで書いた記事も、キーワードを選定したものに変えて少しずつリライトをしています。
自分の記事に合っていて、最適なキーワードを見つけ、SEOに強い記事を作成しましょう。