かんたん工作で万華鏡をつくる!

万華鏡を作りました。せっかくなのでスマホで写真が撮れる台座つきです。材料をそろえるのには少し買い物などの 手間が必要ですが工作は簡単です。休みの日などにお子さんと一緒に作ってみてはいかがでしょう。

万華鏡工作に使う材料

材料その1(必須)

  • チップスターLの空き箱
  • ビニールテープ(セロテープでも)
  • はさみで切れるプラスチックの鏡(A4サイズ程度)

この「ハサミで切れる鏡」の入手がなかなか大変です。100円ショップで買ったA4サイズくらいの鏡があったので代用できないかと思ったのですが…ガラスを切ることかなわず、無理でした。

またアルミテープやアルミシートみたいなもので代用…とも思いましたが、こちらは映りが悪く、使えませんでした。

結局工作材料や画材が充実しているお店(うちの近所ではジョイフル2というお店があります)でそのものズバリ「BSS万華鏡用ミラーA4」という物が400円程度で買えましたのでそちらを使用しました。

材料その2(無ければ別の物でなんとかすることも可)

  • 台所用スポンジやメラミンスポンジ
  • 輪ゴム数本
  • 2リットルのペットボトル

写真が撮れる万華鏡の作り方

万華鏡本体をつくる

プラスチックの鏡を縦長に3つに切ります。長辺はチップスターの筒の長さに合わせて21㎝程度(A4サイズの鏡を買った場合は短辺が21㎝なのでそのまま使えます)短辺の幅は5.5㎝くらいがチップスターの筒に丁度良いです。

3枚の長辺をテープでとめ、△の形にします。まずは小さなテープで仮止めして形をつくってから、しっかりとめるとよいでしょう。

できた△をチップスターの紙筒に入れます。
外れないように、鏡と紙筒のすきまを切った台所スポンジで固定します。スポンジが無い場合もぼろ布を小さく切ったものなどなんでも詰めておけばOK!

万華鏡の完成です。

次は映った像をスマホで撮影できるように台を作ります。

万華鏡を置く台座をつくる

2リットルペットボトルのキャップに近い、狭くなったあたりあたりを切り落とします。

点線のあたりで切ります

切ったペットボトルに万華鏡本体をとおします。筒に輪ゴムを何本かかけてストッパーとしておくと落ちません。

これでできあがりとしても良いのですが、鉛筆など長いものを被写体としたい場合置けないのでペットボトルの台座をすこし切ります。切りすぎると強度が無くなってしまうのでほどほどに。

点線のあたりを切って脚をつくります

台座にするのに丁度良いペットボトルが無ければ、針金を適当に巻き、自立できるように脚をつくるなどしても良いでしょう。
小さめの箱に穴をあけて筒を通したりしてもよいですが、被写体を置く場所に周りからの光が入らないと、きれいに見えませんのでそこは注意。

出来上がり!

下に被写体を置いて、上からスマホで撮影します。

とりあえずベイブレードを撮影
ベイブレードは万華鏡にむいてると思います。

ボールペン

コメント